谷しんいち活動
前年 平成29年 次年 月選択
犯罪被害者支援セミナー
平成29年12月6日UP!

 本日は、入間市で開催された犯罪被害者支援セミナーに参加しました。

 このセミナーは、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターが主催するもので、初めに交通事故事件被害者の基調講演が行われ、続いて犯罪被害者援助センターの相談員や埼玉県警察の職員から被害者支援についての講話がありました。



 交通事故事件被害者の基調講演では、今から34年前に居眠り運転中のダンプカーに突っ込まれ、瀕死の重傷を負ってしまった被害者が、入院生活での苦痛の日々や事故前の楽しかった生活と事故後に一変してしまった生活を事細かにお話されました。

 不合理と思える病院から莫大な医療費の請求や保険会社の対応、また加害者とは異なる加害者家族に対する思いなど、身体的な激痛と同様に精神的な苦悩を伺いました。

 特に、「一瞬の出来事で、その後の人生、家族の人生まで変わってしまうこと」「大きな傷でなくても小さな傷でも、その傷を見ればその時のことを思い出す」とお話しされたことは、強く印象に残りました。

 『誰でも、ちょっとした気のゆるみ、カッとなったことで、加害者にも、被害者にもなりうること』
 また、『どんな小さな傷を負った人でも、取り残されるような社会ではダメ!』と改めて認識させられました。

 これまで、各地の犯罪被害者支援セミナーに参加させていただきましたが、毎度のこと大変有意義なセミナーだと感じております。

 ひとり一人が『命の大切さ』を理解し、『被害者も加害者も出さない社会』の機運を盛り上げるためにも、ぜひとも、多くの自治体で犯罪被害者支援セミナーを開催していただけたらと思っております。
水田の台風ゴミ清掃活動
平成29年12月2日UP!

 本日は、去る10月22日の台風21号の大雨により被害を受けた田んぼの清掃活動に参加しました。



 田んぼや用水路に堆積した藁を取り除く作業でしたが、水分を含んで藁が重くなってしまっていたため、藁の集積、トラックへの積込み、焼却場への運搬等、役割を分担しての作業となりました。







 市内数か所の田んぼに莫大な量の藁が堆積してしまいましたが、多くの人が参加しての人海戦術が功を奏して、午前中で清掃活動を終えました。



 さて、農地は多面的機能を有しているため、いざと言う時は水ダメの役割を果たしてくれます。たまたま、今回は収穫後であったため、コメの被害は確認されておりませんが、もし、収穫前であったとすれば、莫大な損害が出たと思われます。

 それゆえ今後については、農地の本来機能であるコメを守る視点からも、調整池の設置を含めた農地防災事業の必要性を強く認識しました。